Pavilion in Paris

折形清祓式のための世界で唯一無二の宮。

パリの中心に“Honmonoの日本”を作りました。古来より日本文化に欠かせない素材であるヒノキを運び、宮大工が技術の粋を注いだ空間です。世界においてここでしか体験できない、日本の美と文化を伝える折形清祓式を執り行います。

予約制

Lodge in Kyoto

自然への感性を研ぎ澄ますための時間。

京都にHonmonoの日本を感じる宿”を作りました。宮大工によって丁寧に仕上げられた空間です。虫の声、川のせせらぎ、月明かりに照らされる鹿の影、山から立ちのぼるかげろう。日本を感じる美しい景色の中でお過ごしください。

予約

MIWAとは

日本の美は不思議です。ロラン・バルトが「象徴」を軸に日本の美を理解しようとしたり、ブルーノ・タウトが日本建築の「わび、さび」を論理的に分析しようと試みても、何か抜け落ちているように感じます。日本の美の概念は西欧とは大きく異なります。個人のクリエイティブな力やビジョンを賞賛するような西欧世界とは違い、自然への畏怖と自然からの贈り物への深い感謝の念に基づいています。そこにはHonmono”という日本特有の概念があります。

 

MIWAの考える“Honmono”とは、西欧にはない概念です。Genuine やAuthentic という言葉は、鑑定書や文書によって価値が評価されていることを前提としており、「本物」という概念が持つ一面にすぎません。

 

“Honmono”とは、人のなせる高い技術に裏打ちされた誠実性、人によって紡がれてきたものや体験の歴史性、さらには自然の恩恵に対する畏怖と感謝という感受性を、瞬時に自分の感覚として理解するための表現であり、人々の正統性を感受するための概念です。

 

MIWAを通してあなたが発見するであろう “Honmono”は知識ではありません。それは、完全に主観的な時間と空間を共有し、感受しあう体験です。物質的な満足を超えた先にある“Honmono”に対する感性を育むために、MIWAは存在しています。